読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Six-Wheels OTG!:Think Threshold別館

購入した折りたたみ自転車+自動車の6輪生活。思考(妄想)・試行・カスタム・お出かけを記録していきます。

折りたたみを買って300km走ってわかったこと。

折り畳みを買って300kmほど走りました。

私なりのペースと、気づきが見えてきたので、ちょいとまとめておきたいと思います。

次は1000km走ったあたりでどう変わっているか、ですね。

 

 

f:id:makoro2_0:20151212125021j:plain

●ハンドルのクイックさは慣れの問題だった

27インチのシティサイクルに乗り慣れた私にとっては、

最初はクイックすぎておっかなびっくりだったハンドル。

 

なんのことはない。慣れました。

(40km/h以上になるとさすがに怖いけど)

 

今は特にクイックとも感じません。非常に快適です。

 

輪行について

車両重量11kg、装備重量14kg強(推定)はまあ「重い」です。

輪行時にはタイヤを転がす訳にはいかないので、必然的に担ぐことに。

東京駅の京葉線乗り換えとか、羽田空港のモノレール乗り換えとか、

距離を歩かないといけない乗り換えは結構大変です。

ただし、輪行状態からの展開/展開状態から輪行への収納

は折りたためない自転車と比較し圧倒的に早いので、そこは±ゼロかなと。

その気になれば収納→3分、展開→2分(輪行袋折り畳み時間含む)でできますし。

 

●乗り心地について

硬い。長距離ライドすると想像以上に硬さによる弊害が出ます。

段差でガツンときます。

コレがスポークテンション高めの小径ホイール+アルミフレームの相乗効果か・・・

50kmほど走るとケツが痛い。とりあえず↓のようなやつを付けてますが、

ちゃんとした乗り方を覚えないといけない気もする今日この頃。 

 

 

●サイコンはペースつかむのに意外なほど便利、自分の疲れないペースをつかむ

サイコンは走行距離を把握するために導入したのですが、

ケイデンスセンサーもついているおかげでペースをつかむのが楽です。

自分の場合は、速度ではなくケイデンスを一定に保つのが長時間するコツでした。

微妙にトルク型?な55~65rpmあたりです。

平坦路であれば19段目のギアでこの速度で漕ぐのが一番持続できます。

75超えるとどんなにギアが軽かろうがすぐに疲れるので、

ハイケイデンスはハナから考えてませんでした。

 

●タイヤについて

まだ購入時のタイヤ(KENDA KSMART)です。

若干中心部がツルっとしてきたかな?という印象。

次はシュワルベか、はたまたパナレーサーか。

スリックタイヤは初でしたが、これでもかというくらいウェット路面に弱いです(あたりまえ)

Viscちゃんのブレーキの利きがいいこともあって、

ウェット路面でブレーキ踏むとすぐにタイヤが滑ります。怖い。

次はちゃんとグルーブがあるタイヤを履こうかなと。。

となるとシュワルベのマラソンプラス/マラソンレーサーかなぁと思案中。

 

●ギアの枚数について:上り坂は言うほど強くない

いろんな状況に対応できていいだろう!と買ったフロントダブルの20変速ですが、

急坂でない限りインナーに落としません。アウターの1~10でどうにかなってしまいます。

今までにインナーあってよかった場面が沖縄の平和祈念公園への道中と浜松のアップダウンが激しい箇所だけなので、街乗りであればフロントダブルはいらない、が私の結論です。

リアは10速あるほうが、微妙な負荷の調整ができるので

個人的には8速よりは疲れにくいとは思います。

「枚数は多いにこしたことはない」から

「枚数は多いにこしたことはないが、街乗りなら10段変速くらいまでで大丈夫」

に考えが変わりました。

多段で負荷調整するタイプなので、3段とかは逆に乗れないですが。

 

●長距離ライドの快適性は?

私の体力では50kmあたりからが鬼門かと思います。

ほかのサイトでも書かれていますが、30km/h↑を維持し続ける巡行は

ロードに比べてエネルギーが必要だと思います。漕がないとすぐに速度落ちますし。

ダイエットにはいいですが、長距離ライドにはロードのほうがいいです。

ただ、今まで乗っていたシティサイクルとの比較であれば、断然Viscです。

ミニベロは遅い、とよく書かれますが、

少なくともママチャリ/シティサイクルよりは(私の貧弱な脚で漕いでも)速いです。

 

●まとめ

Visc D20ではなくSpeed D8を買っていたら今頃どうだったのか、

ということを考えることはありますが、今のところはViscでいいと思ってます。

長距離ライドするとケツは痛いし、脚が貧弱なので速度は出ないし、

速度維持するのもツライです。

しかし、走るのが楽しい自転車って今まで初めてで、それだけで楽しい。

車、電車を使って移動できるのも私の性分にあってます。

 

サイクリングロード走るの楽しい。