読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Six-Wheels OTG!:Think Threshold別館

購入した折りたたみ自転車+自動車の6輪生活。思考(妄想)・試行・カスタム・お出かけを記録していきます。

ライド中でも音楽が聞きたい!(骨伝導ヘッドホン買ってみた):2016/6/29追記

無音でストイックにライドするのもいいけど、音楽やラジオを聞きながら乗りたい時もありますよね。

しかし、イヤホンの片耳利用は解釈によって判断が分かれているようで、

県によって対応はまちまちのようです。我らが都内はNGっぽい感じ。

「自転車走行中でも片耳イヤホンならセーフ」は本当? 警視庁に聞いてみた - ねとらぼ

なんか担当者によってもNGかそうじゃないかも分かれそうな状況。

※両耳は当然NGです。ママチャリでたまにいるけどすげー怖いですよねアレ

 

「んじゃ耳をふさがなきゃいいんだよな!?いいってことだよな!※」

ということで、骨伝導ヘッドホンなるものを買ってみました

使ってみたのでレビューがてら使用感を書いておきます。

 

※2016/6/29追記:100%でなく、呼び止められる場合もあるというツッコミを某所より頂きました。おまわりさんに呼び止められても問題なく反応できますので、ちゃんと耳をふさいでない・応対に問題がないことをアピールしましょう(`・ω・´)

 買ったのはこちら。(正確にはOEM元が同じと思われる同等品)

 

●内容物

以下の様な物が入ってました。

・本体

・キャリングポーチ

・充電用MicroUSBケーブル

・装着時に利用?するストラップ

・耳栓

 

f:id:makoro2_0:20160626012234j:plain

耳栓は。。。本末転倒じゃないんですかね?

耳栓使うくらいなら普通のイヤホンを使えばいいのではないだろうか。。。

 

●装着感

f:id:makoro2_0:20160626012828j:plain

耳の穴の前辺りに音声の出る部分(ゴムパッド)を当てます。

makoroさんは頭がでかいのでストラップは使用せずとも装着可能でした。

というかパッツンパッツンです。

メガネon骨伝導に関しては問題なしです。セルフレーム等のツルが大きいメガネの場合

少し装着しづらいかも。サングラスの場合はちょっときつ目かもしれません。

左右の締めつけ感は一般的な密閉型ヘッドホンと大きく変わらず、といった感じです。

開放型よりは側圧が強いです。

ATH-PRO700mk2と同等か、それよりちょっと強い程度でしょうか。

まだ30分ほどしか連続装着していませんが、特に30分の利用では

頭が痛くなることはありませんでした。

 

 

●音質

まぁ、悪いです(笑)

低音と高音がガッツリ抜け落ちた超カマボコ型の音域です。

高音はガサガサ、低音はボゴボゴ。中音域は比較的まともという感じ。

 

購入時に尼レビューなんかを見てると音質が悪いとの書き込みは多かったため

ある程度覚悟はしていましたが、想像していたよりは良かったです。

古き好き格安イヤホンって感じですね。価格(購入時は6k)とは

明らかに釣り合いは取れていませんので、音質を目的として買うものではありません。

カマボコは若干高音側にピークがあるようで、

男性ボーカルの曲より女性ボーカルの曲のほうが合っていると思いました。

 

そして、ゴムパッドの装着位置によって音の聞こえと音質がかなり変わります。

基本的には耳孔の前方に装着することになりますが、人によって最適な位置は変わると思いますので、根気よく探すことが重要かと思います。

 

●音漏れ

これも音質同様、事前のレビューを見ている限りだと音漏れが大きいとのことでしたが

これも想定してたよりは小さかったです。

装着状態だとXperia Z1f+Bluetoothボリューム60%程度 にて、

静かな場所で隣にいる状態で聞いている曲がわかる、1mほど離れたら音が鳴っているな、程度の音漏れでした。

屋外で自転車ライドしてる時にはよほど大音量で音楽を聞かない限り、

そこまで神経質になる必要はないのかもしれません。

 

 

●その他

今回買ったものではありませんが、以下の機種ならばヨドバシによっては

試聴機を置いている店舗があります。

(私はヨドバシAkibaで視聴しました)

 

マイク付き骨伝導ヘッドホン耳フリーAS450

マイク付き骨伝導ヘッドホン耳フリーAS450

 

 

これはケーブルが付いているモデルになりますが、店頭で視聴してから買うことができるので、骨伝導ヘッドホンが気になっている人はお試しあれ。

http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001002462510/index.html

 

音質はこちらのほうがちょっとだけ上のような気がします。。。

 

●バッテリー持続時間(2016/6/29追記)

満充電にした後、どれくらバッテリ持つかを検証してみました。

音楽鳴らしっぱなしで計測してみると

結果は6時間+→(休憩)→6時間30分 でバッテリが切れました。

カタログスペックは8.5時間なので、新品状態ではカタログスペック程度は持ちそうです。

 

 

 ●総評

音楽自体は脳に直接響いてくるので、

「こ、こいつ・・・!直接俺の脳内に・・・ッ!」ごっこができます(ヲイ

また、音楽が流れているのに外の音は曲を聞いていないのとほぼ同様に聞こえるので

非常に不思議な感覚になります。

音質については褒められたものではないので、私のように自転車時に利用する場合でも

ラジオとか音質を気にしなくていい用途で利用すると幸せかも。

 

快適な自転車ライフを。