読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Six-Wheels OTG!:Think Threshold別館

購入した折りたたみ自転車+自動車の6輪生活。思考(妄想)・試行・カスタム・お出かけを記録していきます。

折りたためない折りたたみ自転車と化したDaho Visc D20ちゃん(ハンドルキャッチャー交換記)

折りたためない折りたたみ自転車とはなんだろうか。(哲学的思考

 

ブツの扱いが悪い私、やってしまいました。パーツ破損です。

フレーム前部についている

「折りたたんだ時にハンドルポストを支えるコの字型プラパーツ」

を割ってしまいました。ハンドル収納時に、力入れる方向間違えてパキッと。

 

 

・・・折りたためなくなってしまった(白目

さてどうしましょうか。これじゃ持ち運べないよ。。。

で、割れたパーツは「ハンドルキャッチャー」という名前のようです。

Dahon公式サイトには当然オプションパーツとして案内はなし。

しかしお店に行けば純正パーツとして注文できるかと思ってワイズロードへ。

 

なんとか注文できました。なので、予備を含めて3つほど注文。

(また割れたら嫌だしね)

 

f:id:makoro2_0:20170228174650j:plain

1か月ほどかかりましたが、無事パーツをゲット。

パーツ番号:BXA1112010030

パーツ名は「Clipin handlepost」なるもののようです。

 

ハンドル側のオスパーツとセットで1つ800円ほどだったかな?

 

●取り付け

取り付け自体はネジなので至極簡単。既存のを外してつけるだけです。

フレーム側のキャッチャー(メス側)だけ交換です。

交換自体は自転車をひっくり返す→ねじ2本外す→パーツ交換してねじ取り付け。

 難なく作業完了です。簡単すぎて交換時の作業を撮影するのを忘れてました。

チャリに備え付けてる工具でさくっと完了。

 使うのは+ドライバーだけです。

TOPEAK(トピーク) X-Tool ブラック

TOPEAK(トピーク) X-Tool ブラック

 

  

●まとめ

・折りたためない自転車はただの重い自転車になり果てるので意味がない

・パーツは正規取扱店舗で相談してみると純正パーツがあるかもしれない

・交換自体は難しくないのでレッツDIY(NGな場合は店舗へGO)

・やはりViscさんは折りたたんでナンボ!